現代大工の悪足掻き日誌

田舎大工の作業日誌

気分の悪い話

さて、今日から3日ほど応援へ
自分の現場が吹き付け断熱施工までやることがなくなったのでね(苦笑)

そこでちょっと良くない話を耳にした

何年か前、真っ昼間の現場で悪夢を見たことがある
あくまでも夢の話なんですけど、ほんと悪夢だった(苦笑)

自分とは別のもう一人の登場人物が、出入り先の作業場だか現場だかから道具を盗み捕まったとか
新聞にも載ったらしい

それを聞いての最初の感想は「だろうね」だった
でも、ざまぁねぇなとか含み笑いが出るような感情は湧かなかった

やっぱり気分の悪い話
明日朝、目覚めたら忘れていたい

厚め厚めで

さて、階段手摺り下地
f:id:h168:20210112200041j:plain
ちなみにここは1段目なのに踊り場なので、手摺り下地も水平に

ボード先行でも、下地をぐるっと回さなくてもいけないことはない
更にしっかりと寸法を読んでいれば、間柱一枚幅でも大丈夫のはず

でも、何度かギリギリだったり、ビス一本だけ効かなかったりと、ちょっいとやらかした事があり、今は安全策でガッツリ入れている(苦笑)

更に心配で下地面積増やすなら、柱や間柱ツラから12ミリ下がった受けを打っての12厚合板バン!もアリかと
まぁ受けなしでキチキチ合板バン!ってのもあるけど(苦笑)

ただ、12厚合板下地だとちょっと心配になる事があった

ブラケットを最初のビスを止めた瞬間の、ガッチリ感の無さ(苦笑)
そのビス一本だけをつけて連結していく過程でのなんとなく感じる不安定さ
ビスの効き代を考えると当然といえば当然なんだけども

また、合板が故に一度目のビスは効くけど、付け直す二度目に漂う、そう効いてない感(苦笑)

大工が付け直すなら、ビス穴に爪楊枝刺したり一手間かけられる
でも、多くはクロス屋さんが付け直すかと

そうなるとやっぱり下地はより厚い方が、そして合板じゃない方が良いのでは、との結論に達したのさ

肌荒れ対策

さて、この時期になると気になる肌荒れ
基本、手袋付けて作業しているし、嫁さんからクリーム貰ってるから手は大丈夫
f:id:h168:20210107201541j:plain

でも、ちょっと気になるところがある
f:id:h168:20210107201753j:plain
そう、玄翁痕
建前刹那でのピン撃ちだから仕方ないと割り切ってはいるけど、やっぱり見た目はよろしくはないよね

それとこんなところも
f:id:h168:20210107215842j:plain
筋交や間柱や間柱受けとかね
気にしない人は気にしないところかもしれないけれど(苦笑)

ここもそう
f:id:h168:20210107215457j:plain
マグサやカーテン下地とか、内々キチキチに入れる下地
キツイとそこそこハードヒットするよね?
f:id:h168:20210107215729j:plain
そのまま無対策だと、まぁまぁの痕が付く

かといって当て木をするほどでもないし
そもそもしにしない人は気にしない領域だし(苦笑)

f:id:h168:20210107220442j:plain
とりあえず気になる方なので、コンビネーションハンマーでやっちょります

玄翁でやる時も、節を狙ったり、あえて同じ場所を叩き続けたり、少しでも目立たないようにはしているつもり
あまりに痕だらけだと、なんか下手くそに見える気がするんだよね(笑)