現代大工の悪足掻き日誌

田舎大工の作業日誌

そこそこ痛い

さて、日曜日にワクチンの集団接種に行ってきた
一回目のね
会場にいたのは正味35分ほどで、移動時間含めほぼ1時間で終わった

少しばかり心配していた副作用はあった
打ってもらった左肩が虻か蜂に刺されたみたいに周辺が固くなり鈍痛
手を挙げるとそこそこ痛い

でも、それ以外は熱も出なく普段通りで一安心
二回目は3週間後
もうワクチン打たれました?

で、月曜日から一階の床張りスタート
含水率がとりあえず許せるくらい下がったのでね(苦笑)

キッチン真下は換気の為に250×250で開口していたけど、そこに足を踏み外した 
250×250なので可愛そうなくらい脛をズリズリ
そこそこ痛い(苦笑)

床張りの標準施工マニュアル?

さて、床張りネタ
メーターモジュール物件に1×6フローリング張り
目地を通すことなく、切り落としを次の列のスタートへ廻す張り方
この張り方の名前を募集したところ、たくさんのご意見を頂きありがとうございました
とりあえずここでは「送り張り」で統一していきたいと思います

その送り張りはなんとなく慣れてきた
深く考えずに無心で張るべしとね(苦笑)

今回は納め方の話を
f:id:h168:20210917194046j:plain
少し斜めに納めて行く事で長短同時突き付けを
f:id:h168:20210917194443j:plain

www.youtube.com

これってフローリングの標準施工方法だと思っていたけど、そうでもないみたい
出会った大工の8割方はこれだけど、長尺を納めてから改めて短尺を納める大工もいた

そこで思ったのがこの張り方に名前があるのか?
とりあえず長短同時突き付け張りと命名したけどしっかりこない

なんて呼んでます?
なんて呼びましょうか?(笑)

ただこの張り方、表層がMDFベースでシートが弱そうな場合は角が負けてしまう事があるので要注意
角度をより浅くするか、長短別のタイミングで納めるかしましょう
逆にソリッドの無垢なら角度をつけてガツンといきましょう!

そして今回からの新アイテム
f:id:h168:20210917195056j:plain
モクバのフロアクローザー

この前の応援先で使わせてもらったら、その大きさとそのまま重さと実に良い塩梅で気に入っちゃって即買いしたのさ(笑)
確か利兼さんのブログで紹介されたい時は「こんなの要らねぇ」と触手が一切動かなかったのに(苦笑)
道具はやっぱり実際に手に取り使ってみないとね(笑)

吸うか?吸われるか?

さて、フローリングカットに少し前に買ったコレを使ってみようかと
f:id:h168:20210914203421j:plain
ハイコーキC3605DYC &DYB
f:id:h168:20210914203816j:plain

今回は集じん機に繋げないのでダストボックスをチョイス
f:id:h168:20210914203918j:plain
ワンタッチで付け替えられるのはいいね!

チップソー125と100の兼用とのことだけど、こちとらずっと前から薄物カットには小径チップソーを推奨してきたので、もちろんチップソー100を
f:id:h168:20210914203752j:plain

ここで改めておさらい チップソーを小径にするメリットとしては
まずは、丸ノコの重心が下がり安定感が増す
化粧ベニヤカットなら165丸ノコにチップソー100なんて抜群さ!

それともう一つが、集じん能力が上がるのではないかと
これははっきりとした確証があるわけじゃないけど、そう思っている(苦笑)

ただデメリットもある
小径になるほど基本的に刃厚が薄くなる
薄さは軽快さとスピードが繋がる反面、ブレやすさにも繋がる
何事もバランス取りが必要

とあるメーカーに小径厚刃をお願いしているけど、市場はコードレス化もあって薄刃が求められているようで

とりあえずフローリングをカット

www.youtube.com

思っていた以上に集じんしてくれた(笑)
ただ思っていた以上に集じんしてくれるので、あっという間に粉塵が溜まる(苦笑)
f:id:h168:20210914205400j:plain
フローリングを横に5〜6回、縦挽きなら1回も切ればこの状態
f:id:h168:20210914205501j:plain
このまま使い続ければただの丸ノコ状態(笑)

5〜6回切るたびにトントン排出するのもなんだかなぁ〜
コードレスクリーナーで吸ってみようとしたけど口が合わずだし、やっぱり手間っ喰い
f:id:h168:20210914205554j:plain
連続してそれなりの量をカットするなら、吸わせた方がいいね