現代大工の悪足掻き日誌

田舎大工の作業日誌

俺の小ネタ 現場ラジオ編 

さて、今は応援の立場
初夏の現場で過去最高単価を叩き出してくれた、天才肌J君の担当物件
全身バキバキにさせたお返しとばかりに、今回はこちらが全身バキバキ(苦笑)
工期のない中で、老体に鞭打って頑張ってます

自分担当の現場が伸びます!伸びます!と当初予定より2ヶ月も先になり、こちらとしても渡りに船
絶賛、恩返し中なり(笑)

そのJ君の小ネタを紹介

今や必需品である現場ラジオ
でも一階と二階と大工が二人いる時はどうしている?

それぞれのラジオで、それぞれ好きな局なり曲をかけるのもありかと

でも、とあるアイテム一つで、二つのラジオで同じ音楽を共有できるのよね
f:id:h168:20201030205733j:plain
左のが古いやつで、右のが新しいBluetooth付きのやつ
でもBluetoothは使わない

f:id:h168:20201030212450j:plain
今さらのFMトランスミッター!!

iPhoneなりプレイヤーにFMトランスミッターをつけ、FM波を飛ばす
そしてそれぞれラジオで、そのFM波を拾うだけベイベー

すればFM派が届く範囲内なら、ラジオが3つでも4つでもいくらでも繋げ放題の聴き放題(笑)
外壁屋さんも仲間に入れてみる?

俺の小ネタ 鉛筆編

さて、大工に欠かせない鉛筆
今は下仕事に関してはほぼボールペン使い
もちろん4色色分け

鉛筆は仕上げ材にしか使わないけれど、必須アイテムなのは間違いないよね
f:id:h168:20201027222642j:plain

ただ今回は俺はハイユニしか使わないとか、2Hしか使わないとか、削り方にこだわりがあるとかではなく、そのポジションとその先について

例えば耳元に刺す職人気質派
頭に巻いたタオルやヘルメットに刺すヘッド派
腰袋や腰ベルトに刺す正統派(笑)
胸ポッケや肩ポッケ派
とかいろいろあるかと
f:id:h168:20201027223626j:plain
ただどこに刺しても問題になるのはその芯先

文字通り芯先を先にさせば折れる可能性は高まる
刺した先を汚すことにもあるかと

逆にすれば足場に引っ掛けたり持ち手を傷つけたりもあるかと

すなわち、どこに刺すべきか?
そしてどう先を守るべきか?

それら多くの難問を解決するアイテムがこちら
f:id:h168:20201027234845j:plain
9ミリステンパイプ
これ自体は以前紹介したけど、今回はその使い方を
f:id:h168:20201027235000j:plain
鉛筆がすっぽり入るサイズ
f:id:h168:20201029201829j:plain
先を絞っており芯先を傷めない仕様に

これだけでも使えるには使える
ある程度長い時はこれでOK!

ただ鉛筆は短くなるもの
その長さは常に変化する
これに対応しなければ小ネタにはならないよね(笑)

例えばそれなりに短い場合は、市販のキャップや補助軸、更に伝説のけちんぼキャップをつければ対応できる
f:id:h168:20201029202102j:plain
キャップ類は穴に入らず縁にのる
f:id:h168:20201029202221j:plain
それでも許容範囲がある

そこでアソコにゴムを付ける
f:id:h168:20201029202543j:plain
これなら鉛筆の長さを選ばず対応できる
f:id:h168:20201029202708j:plain

あとはステンパイプをどこに装着するかご自由にどうぞ
f:id:h168:20201029202838j:plain
刺さるところなら刺せばいい
f:id:h168:20201029202934j:plain
落ち着かない所なら、両面テープやクリップで固定すればいい

腰袋だけでなく上着の胸ポッケや肩ポッケでも大丈夫
f:id:h168:20201029203120j:plain
工具バッグや車でもステンパイプさえ付ければ立派な鉛筆ホルダーの出来上がり
もちろん先を傷めない過保護仕様さ(笑)

華麗なる

さて、今日は現場が吹き付け断熱施工という事でお休み

嫁さんの希望で蝶を見に
f:id:h168:20201027215120j:plain
アサギマダラというらしい
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9
蝶なのに何百キロも移動するらしい
f:id:h168:20201027221557j:plain
個人的には蝶に全く興味がなかったけど、昆虫に造詣が深い嫁さんは初めてのご対面に大喜び