現代大工の悪足掻き日誌

田舎大工の作業日誌

手慣てしまえば

さて、木工事も大詰め
今日は吹き抜け廻りの化粧腰壁を
f:id:h168:20191111205340j:plain
いつもの横貫
笠木は脳天ビス止め埋木処理でも会社的にはいいらしいけど、そこまで楽しちゃうともう戻れなくなる気がしているのでビスケットで
どこに戻るかは知らないけれど(苦笑)

f:id:h168:20191111210014j:plain
そもそも白木仕上げに埋木だと数年で露骨に出ちゃわない?って懸念もあるし

ただジョイントカッターを持っているのにも関わらず加工がシビアだからと脳天ビスしている仲間内もいる
手慣れてしまえばこんなに簡単なことはないのに

ということで簡単にそしてやらせ的に紹介を
f:id:h168:20191111210431j:plain
こんな感じでやっております

まずは柱側を突く
f:id:h168:20191111210705j:plain
柱to柱の間は横貫で完全に決まっているので、笠木チリを合わせる為に笠木と並行に突く
f:id:h168:20191111211059j:plain
この時、重要なのは溝から溝までの内々寸法 ここは62ミリ
ただ狙っての62ミリではなく、なんとなく突いての62ミリ
ここではさらっと突いて時間を使わない

ちなみにビスケットにより柱の間も決めたい時は縦横両方突く事もある

お次は笠木側を突くが、今度は柱寸法と笠木幅の差が重要になる
今回柱104ミリに対して笠木は117ミリ
その差13ミリの半分6.5ミリが笠木の出っチリ
f:id:h168:20191111212332j:plain

つまり62ミリと6.5ミリが必要寸法
f:id:h168:20191111212934j:plain
柱で突いたジョイントカッターのガイドを基準に6.5ミリ動かし笠木を突けばほぼほぼ合うという手筈
f:id:h168:20191111213109j:plain
実際には2、3回微調整は必要になるけどね(苦笑)
f:id:h168:20191111213156j:plain
溝の内々寸法が62ミリになれば正解さ

罪な奴さ

さて、片引き入口枠
f:id:h168:20191108211843j:plain
直レールに方立て位置のシールが貼ってあるけどさ〜
f:id:h168:20191108212004j:plain
これはまだマシな方だけど地味に傾げてるし、位置違うしで無い方がいいくらい
信じて納めたらエライことになる(苦笑)
ベニヤの切れっ端での内々寸法定規を用意してくれた方がいいかと
f:id:h168:20191108212227j:plain

その方立てはボード小穴突き付き(笑)
f:id:h168:20191108214233j:plain
これはこれですごくいいと思う
融通は効かなくなるけどね
f:id:h168:20191108214302j:plain
ボードで通りを求めるので懐に墨を
f:id:h168:20191108214335j:plain
これでも気持ちよく真っ直ぐな方立てラインに

今日の一曲
もちろんこれでしょ(笑)

07 3 時間よ止まれ

クローゼット枠を付ける

さて、壁のボードをしこたま貼った翌日はリハビリ的に入口枠の小壁を一気に作り枠をつけていく

枠はいわゆるMDF建材もん
幅はキツキツで作るのが信条

例えばこんなところ
f:id:h168:20191107223006j:plain
3尺幅のクローゼット枠
枠幅は734ミリ
105柱に両面ボードで内々寸法は780
45厚を張り付けるといい感じ
仮に120柱での両面ボードの内々寸法は765
30厚を張り付けるといい感じと、合理的なサイズかもね

ただクローゼット内の仕上げは4ミリ桐パネル
枠を飲み込ませるので、それよりマイナス4ミリの40ミリあたりが小壁実寸
f:id:h168:20191107215828j:plain
当然、2300ある上と下で同じ幅とは限らない
そこで最小寸法で45×45から挽き落とす
f:id:h168:20191107220037j:plain

そして断熱ビスで上から下まで全てをドーンと決めてしまう
f:id:h168:20191107220216j:plain
今回はパネリード120
コーススレッドよりも決めて戻して決めてはお得意
ビスピッチはその時の気分次第(笑)
今回は570ほどかな

最小幅なので当然広いところがある
f:id:h168:20191107220529j:plain
パッキン量を読みビスを戻しパッキンを刺し再び決める
f:id:h168:20191107220636j:plain
今回は嫌ってほど出てきたロールビスのシートで(笑)
捨てればゴミ使えば資源
でもあんなには要らない

でもこのロールビスシートパッキン
手で引きちぎれるし、刺してからそう落ちないしでなかなか優秀

f:id:h168:20191107224400j:plain
上と下を本決めしバカ棒で確認できたら中通りは糸で求める
f:id:h168:20191107221151j:plain
必要な長さの糸をカルコtoカルコで用意しておくのがスマート
f:id:h168:20191107221336j:plain
白糸巻きだとちょっとした衝撃で落ちちゃうからね
f:id:h168:20191107223528j:plain

小壁ができたら枠をドーンと
幅はもちろんキツキツイン!
高さは+2ミリで鴨居むくりに対応
f:id:h168:20191107221756j:plain
枠を決める時の必須アイテムはこちら
f:id:h168:20191107222049j:plain
たぶんここが1番合理的(笑)

このメーカーは直レールが内々寸法定規でもあるから答え合わせができる
f:id:h168:20191107222328j:plain
キツかったら緩かったりしたらやり直し
でもど真ん中にこないビス位置が気持ち悪い(苦笑)

そうそうそう、慣れたメーカーならばこそビス穴の位置も考慮しておこう
f:id:h168:20191107222255j:plain
あまりに木端に近いと下穴開けても割れちゃうし、木口側は避けるべきだし